Navigation

Stage

獣医学

医学においてそうであるように、動物の飼い主もまた検査、治療、必要に応じて手術などが、出来る限り当該の動物に大きな負担を与えないように行われることを望んでおり、その傾向は日増しに強まっています。内視鏡を用いることによる、検査方法や手術方法の改良、特に従来の検査や治療に伴って発生する外傷を減らすことができるようになった点は、動物とその飼い主の両者にとって大変喜ばしい進歩です。

カールストルツは、これまでの70年を超える歴史の中で、人間医学の内視鏡検査の領域で、ごくわずかなメーカーしか達し得ていないような、貴重な経験を積み重ねてきています。この知見と、大学、動物病院、そして開業獣医の皆様のご協力により、当社は獣医学のあらゆる領域に対応する内視鏡システムを開発しました。