Navigation

脳神経外科

脳神経外科は、継続的に、そして迅速に開発が行われている専門分野なので、しばしば新しいテクノロジーに関する先駆者の役割を果たします。1 新しいテクノロジーに対する親和性に加え、年々上昇する症例数と手術の結果に対する患者様の高まる期待感が、脳神経外科における推進力になっています。1

従って、最小侵襲手術並びに内視鏡を使った治療方法のトレンドが脳神経外科にとっての標準を決定しています。2

カールストルツは内視鏡画像再生の領域における先駆者に数えられており、最小侵襲脳神経手術並びに顕微手術のためのビジュアリゼーションソリューションを提供しています。

1Kamat et al: The evolution of neurosurgery(脳神経外科手術の進化): how has our practice changed?(私たちの実際はどのように変わったか?), British Journal of Neurosurgery, 2013 Dec., 747-751.

2Nikova et al.: The basic steps of evolution of brain surgery(脳神経外科手術の基本ステップ), Maedica, 2017 Dec., 297-305.

ハイライト

VITOM® 3D – 3D Visualization for Neurosurgery

The VITOM® 3D system provides a solution for the visualization of microsurgical and open surgical interventions. Application possibilities are similar to that of the operating microscope.1 The system is controlled via the IMAGE1 PILOT which is mounted on the OR table in close proximity to the surgeon.

  • Smaller, lighter and more compact than an operating microscope2
  • Lower acquisition costs and creates synergistic effects with endoscopy by using the same video tower – thus combining the benefits of endoscopy and microscopy1
  • Ergonomic work – the user is not confined to the eyepiece1
  • Improved workflow – the OR team can view the procedure in the same image quality as the surgeon1

 

1 Oertel: Vitom-3D for Exoscopic Neurosurgery: Initial Experience in Cranial and Spinal Procedures, 
World Neurosurgery (105), September 2017, p. 161
2 Siller: A high-definition 3-dimensional exoscope as an alternative to the operating microscope in spinal microsurgery

専門分野に関する詳細インフォメーション

照会された検索ワードを含む検索結果は見つかりませんでした

照会された検索ワードを含む検索結果は見つかりませんでした

照会された検索ワードを含む検索結果は見つかりませんでした