Navigation

ハイライト

泌尿器科

経尿道的治療コンセプトの革命

全体的システムと多様化された電極

カールストルツの新しいバイポーラコンセプトは、効率性、経済性、患者の安全性および信頼性に関する新しい標準をもたらし、良性前立腺症候群(BPS)または膀胱腫瘍の治療に革命を引き起こします。

このシステムは、カールストルツの新しい HFジェネレーター AUTOCON® III 400 によってサポートされます。このために、まずバイポーラ領域の出力挙動を最適化し、さらに開発を進めました。

カールストルツの製品ラインナップは、前立腺、膀胱および尿管の切除、切開、一括切除用ループ、ならびに蒸散術および核摘出術用電極を取り揃えています。

核摘出技術向けに、カールストルツは現代的で適合可能なモルセレーターシステムを提供します。これによって、膀胱内に発生した前立腺組織を迅速かつ効率的に細切または摘出することができます。

経尿道的治療コンセプトの特徴

  • HF 外科治療との完全な両立:治療、技術、経済性
  • 適切な電極を選択したバイポーラ作業エレメントによって、あらゆる技術を使用することができます。
  • 真のバイポーラシステム:シャフトへの戻り電流なし
  • 正確でタイムラグのない切断動作:新しい HF ジェネレーター AUTOCON® III 400 による、自動的で正確に調整された HF 出力制御
  • 電流を最小限にコントロールして最大の効率:組織の影響が少なく、閉鎖神経の刺激を軽減
  • あらゆる技術に対応するジェネレーター:バイポーラ蒸散術、核摘出術、および標準的な経尿道的切除術

カールストルツの内視鏡下核摘出術および細切除去術

すべてを一元的に

欧州泌尿器科学会(EAU)ガイドライン2016の公開に伴い、レーザー核摘出術(例えば、HoLEP、ThuLEPなど)とバイポーラ核摘出術が、内視鏡下前立腺核摘出術(EEP)の概念のもとにまとめられました。これによってEEPは、古典的な経尿道的切除術と同様に、良性の前立腺症候群(BPS)治療の最初の選択プロセスとして通用することになりました。この変化に基づく要件に対応するために、カールストルツは、レーザーアプリケーションも高周波ベースのアプリケーションも、どちらもひとつのおよび同一の基本的インスツルメントで実行することのできる、さまざまな構成が可能なシステムを提供致します。

ここでカールストルツは、あらゆる技術とエネルギー源に対応するフレクシブルなシステムを提供するだけではなく、前立腺組織の摘出のための効率的で信頼のおけるモルセレーターシステムによって、核摘出術向けの製品ラインナップを拡張しています。

  • 核摘出技術向けのもっとも経済的で効率的なソリューション:核摘出技術向け基本インスツルメント、ならびに追加のレーザー核摘出術(HoLEP、ThuLEP)およびバイポーラ核摘出術専用インスツルメント。
  • 前立腺組織の効率的な摘出、ならびに当社モルセレーターシステムの、お客様に特化したスムーズなインストール

The New Flexible Video Cystoscope HD-VIEW

High Performance by Definition

The new flexible cystoscope is able to meet increasing demands on image quality in flexible cystoscopy as well as percutaneous applications. In addition, the new suction valve provides an effective method for rapid emptying of the bladder. The distal tip has been redesigned to enable smoother insertion.

  • Noticeably higher resolution thanks to camera chip in high definition
  • Integrated LED technology with automatic exposure
  • Suction valve for rapid bladder evacuation
  • Atraumatic 10.9 Fr. tip
  • 7 Fr. working channel
  • Detachable LUER port for better reprocessing

圧力制御された PCNL システムの新世代

あらゆる大きさの結石に対応する革命的な MIP システムは、愛護的でシンプルな、効率の良い結石治療を行うことができます。

  • イノベーティブな圧力マネジメント:MIP シリーズのすべてのシステムは、オープンシステムとして構成されています。
  • 効率的な結石摘出:「吸引効果」(ハイドロダイナミック効果)によって、鉗子やグリッパ、または採石器を使わなくても結石を摘出できます。
  • ワンステップブジー挿入:皮膚切開を行ったあと、ワンステップでアクセス経路にブジー挿入ができます。
  • 多面性:あらゆる種類の腎臓結石の位置特定法およびあらゆる大きさの結石に対応するインスツルメントを取りそろえております。
  • 直接の管脈閉鎖および造影剤の注入向けのイノベーティブなアプリケーター: 腎臓へのアクセスのための穿刺箇所は、アプリケーターを用いた結石の摘出後すぐに、ゼラチン・トロンビン・マトリクスによって閉鎖することができます。さらに、造影剤の注入にもお使い頂けます。
  • アプリケーション志向のシャフト:標準的手術、背臥位手術、小児科手術

イノベーションの実現 - カールストルツの薄型尿管腎臓鏡

カールストルツの新世代尿管腎臓鏡は、新しいデザインの未来志向の新開発製品です。シャフトの形状がさらにスリムになり、これによってインスツルメントのバランスが著しく改善され、快適で人間工学的に優れた状態で作業することができます。シャフトの段差がより滑らかになり、たいへん滑りが良く、患者の治療が容易になり、なおかつ愛護的になります。

  • 最小のシャフト径
  • 柔らかく長いシャフト段差
  • たいへん滑りの良い材質なので、患者に最高の快適性を提供します。
  • 大きい作業用通路で最高の洗浄性能を発揮します。
  • 抜群の視野
  • 尿管への挿入が容易な、非侵襲形状のシャフト端部

新しいフレクシブル尿管腎臓鏡 FLEX-XC および FLEX-X2S が提供する、ひと目見てわかる高い解像度で細部まで正確に

カールストルツがフレキシブルな尿管腎臓鏡の新世代を提供します。小さなシャフト外径、すばらしい曲折に対する強度と操縦性などの定評ある特性に、新たにひと目見てわかる高い解像度という特性が加わりました。

この製品開発においては、ビデオ尿管腎臓鏡 FLEX-XC の画質性能を最大化するだけではなく、尿管腎臓ファイバースコープ FLEX-X2S の繊維数を倍増させています。

採石器、レーザーファイバー、ガイド用プローブなどの多様に取りそろえられたなオプションの付属品によって、製品ポートフォリオが充実したものになっています。

ビデオ尿管腎臓鏡 FLEX-XC

  • 画像解像度が2.6倍に向上しました。
  • 拡大倍率を上げても失われない画像の鮮明度
  • S-テクノロジーによる理想的な画像再生

尿管腎臓ファイバースコープ FLEX-X2S

  • 繊維数が倍増
  • 高い解像度によってディテールも鮮明な画質

CALCULASE® III

The end of the stone age

With the CALCULASE® III, KARL STORZ is launching a new generation of desktop lasers for lithotripsy with an excellent price-performance ratio. Its very compact design makes this desktop laser particularly suitable for use on mobile carts for endoscopy equipment. Featuring a power rating of 35W and optimized modes, such as the burst mode for reducing the repulsion of stone fragments, the laser offers everything required for successful lithotripsy. RFID recognition of the laser fibers and intuitive operation on a 9" color touchscreen make the CALCULASE® III particularly user friendly. The laser can be used across specialties for lithotripsy in the kidney, ureter, and urinary bladder as well as the salivary ducts.

IMAGE1 S™ 4U – mORe than a camera

The IMAGE1 S™ 4U camera system allows the operating surgeon to make optimal use of the benefits offered by 4K technology. A notable feature is the image quality: High image brightness, impressive colors, greater richness of detail and a significantly improved depth effect characterize this system. Thanks to the system’s modularity, 4U components can be easily integrated into the existing IMAGE1 S™ camera platform. Consequently, the system is still compatible with existing technologies (e.g., rigid, flexible, fluorescence and 3D endoscopy) and can be adapted to meet individual customer needs.

  • IMAGE1 S™ 4U impresses with outstanding, razor-sharp images
    • Excellent image brightness
    • First-rate color rendition
    • Greater richness of detail
  • Three innovative visualization technologies for tissue differentiation:
    • CLARA: Homogeneous illumination
    • CHROMA: Contrast enhancement
    • SPECTRA*: Spectral color shift and switch
  • Easy integration into the IMAGE1 S™ camera platform

 

* not for sale in the U.S.

推測はストップ。知ることを始めよう。PDD – IMAGE1 S™を用いたフレキシブルな映像化

膀胱癌腫の診断から始まり、治療、そして経過観察まで、カールストルツ社は完璧に皆様のニーズに合わせた総合ソリューション提供します。新世代HX-FIカメラヘッドにより、フルHDでの光力学的診断 (PDD) の実行も可能となります。 このテクノロジーを通して極めて高解像度の画像を白光でもPDDモードでも表示することができます。

競合他社とは異なり、カールストルツ社は、PDDのためのOPAL1®テクノロジー並びにSテクノロジーCHROMA (コントラスト増強)およびSPECTRA (色相シフト)を一つのシステムとして提供します。

  • 明るく極めて鮮明なフルHD画像
  • PDD蛍光画像撮影とSテクノロジーを用いたフレキシブルな映像化
  • カメラプラットホームIMAGE1 S™を介して簡単な操作でPDD 機能を利用することが可能