Navigation

ハイライト

脳神経外科

LOTTA® System for Intracranial Neurosurgery

Special Features:

  • Two unique ventriculoscopes – sheath diameter 4.5 mm and 6.8 mm – for the entire range of endoscopic intracranial procedures
  • 6° angle of view for direct visual control of instruments after exiting the working channel
  • Perfectly coordinated instrument sets for LOTTA® and Little LOTTA®
  • A wide range of support features such as, for example, possibility of rotation in the sheath and instruments with length markings for controlled application

「キーホール」脳神経外科用ビジュアリゼーションとインスツルメント

  • 個人的な需要に対応したセット構成を効率的に選択するための、アラカルトコンセプト
  • VITOM® 3D システムは、顕微手術および切開式手術のビジュアリゼーション向けの革命的なソリューション
  • 曲折2D光学部品は直径が小さく、場所を取らない「キーホール」脳神経外科向き
  • TIPCAM®1 S 3D NEURO – 0° および 30° の3D内視鏡
  • 線条細工が施されたエルゴノミックなシングルシャフト顕微インスツルメントは直線形またはバイヨネット形のデザイン
  • 他に類を見ないTAKE-APART® バイポーラ鉗子 は多様な使用が可能

鼻内頭蓋底外科用ビジュアリゼーションとインスツルメント

  • 個人的な需要に対応したセット構成を効率的に選択するための、アラカルトコンセプト
  • 観察角度の異なる2D光学部品による多様な選択肢
  • TIPCAM®1 S 3D NEURO – 0° および 30° の3D内視鏡
  • 効率的な光学部品洗浄システムによって常時観察が可能
  • キューレット、ディセクタ、小型鋏、フック、メスなどの標準インスツルメントのバリエーションが豊富

UNIDRIVE® S III NEURO – Multifunctional High-Speed Motor System for Neuro and Spine Surgery

Special Features:

  • Continuously variable high-speed handpieces with up to 100,000 rpm
  • Wide range of specially developed handpieces and shavers for efficient intraoperative applications
  • Clearly arranged menu guidance and rapid program selection thanks to integrated touch screen
  • Easy set-up and fast installation for a smooth OR workflow
  • For opening the skull and subsequent craniotomy according to individual preferences by means of various dura protector or perforator attachments for the craniotomy handpiece

VITOM® 3D – 神経外科向けの 3D ビジュアリゼーション

VITOM® 3D システムは、多くの専門分野における顕微手術および切開式手術のビジュアリゼーション向けの革命的なソリューションです。その利用可能なアプリケーションは、手術用顕微鏡に似ています。主要な機能の操作は、術者作業範囲の直近に固定された IMAGE1 PILOT を介して行います。

  • 手術用顕微鏡よりも軽量、小型そしてコンパクト
  • リーズナブルで、しかも内視鏡システムにも完璧に組み込まれることによるシナジー効果によって、内視鏡検査と顕微鏡検査のメリットが結びつきます。
  • 人間工学的に考え抜かれた作業 - ユーザーが接眼レンズに縛り付けられることがありません
  • 改善された業務フロー – 手術チームのメンバーは、執刀医と同等の情報量で手術の経過を見守ることができます。