Navigation

ハイライト

顕微鏡検査

VITOM® 3D – 3D Visualization for Microsurgery and Open Surgery

The VITOM® 3D system provides many surgical disciplines with a revolutionary solution for the visualization of microsurgical and open surgical interventions.
Application possibilities are similar to that of the operating microscope. The most important functions are controlled via the IMAGE1 PILOT, which is mounted on the OR table in the direct vicinity of the surgeon.

  • Smaller, lighter and more compact than an operating microscope
  • Lower acquisition costs and creates synergistic effects with endoscopy by using the same video tower – thus combining the benefits of endoscopy and microscopy
  • Ergonomic work – the user is not confined to the eyepiece
  • Improved workflow – the OR team can view the procedure in the same image quality as the surgeon

VERSACRANE™ 保持システム – VITOM® システムの位置決め固定に最適

  • VERSACRANE™ は、VITOM® と組み合わせて使用することに特化して開発された、多面的な保持システムです。この保持システムは、さまざまな分野で用いることができ、VITOM® を容易かつ正確に位置決め固定することができます。
  • 迅速に使用可能 - VERSACRANE™ 保持システムは移動式スタンドに取り付ける形式になっているので、手術室に運ぶのも手術室内での位置を決めるのもスムーズに行うことができます。
  • 自由に設定可能 - VERSACRANE™ 保持システムは、その張り出しアームがガススプリングで支持されており、VITOM® の重量に応じた調整が可能です。各ジョイントもしっかりと固定することができ、それぞれ別個に調整することができます。
  • 片手で使用可能 - VERSACRANE™ は取り扱いが簡単なことが特徴です。VITOM® システムの位置決めを片手で行うことができます。
  • VITOM® 2D および 3D に対応しています。

VITOM® ICG - 切開手術での蛍光画像再生

切開手術での蛍光画像再生

カールストルツの VITOM® ICG は、最小侵襲手術でも切開式手術でも使用することのできる蛍光画像再生システムです。

アプリケーションごとに光学部品を取り替えるだけで済みます。これによって、柔軟性と経済性にたいへん優れたシステムが提供されます。VITOM® ICG 光学部品でも、もちろん、白色光による高品質なビジュアリゼーションが可能です。

  • 灌流の診断
  • センチネルリンパ節の可視化
  • カメラプラットフォーム IMAGE1 S™ と互換性あり

VITOM® – 切開範囲を最小限に保った切開式手術向けのビジュアリぜーションシステム

VITOM® は、焦点深度の高さ、理想的な拡大機能、コントラストの良さ、色の再生の忠実さを特徴とし、切開手術における最善のビジュアリぜーションを行うための理想的な要件となっています。

ディスプレイを介して、執刀医、アシスタント、および手術チーム全員が切開手術の拡大画像を見ることができます。手術室内にいるスタッフ全員が、術野を良く観察することができます。

  • 切開手術のドキュメンテーションに最適です。
  • 人間工学的に優れた作業方法です。
  • 実習や訓練に最適です。
  • 照明装置が組み込まれているので、視野が明るくなり映像がはっきりと見えます。
  • コンパクトなデザインなので、手術室でも場所を取りません
  • カメラプラットフォーム IMAGE1 S™ と互換性あり
  • ランプカメラ、拡大鏡、膣鏡に取って代わる優れたシステムです。

H3-M COVIEW® – 手術用顕微鏡向けフルハイビジョンイメージング

CARL ZEISS MEDITEC 社製、LEICA MICROSYSTEMS 社製、および MOELLER WEDEL 社製手術用顕微鏡は、フルハイビジョン顕微鏡用カメラ H3-M COVIEW® を装着することができます。接続は、適切な QUINTUS® TV アダプタで行います。

手術助手および手術担当看護師の皆様に、手術ステップの情報共有のために高品質なイメージングシステムが提供されます。さらに、画像およびビデオは高解像度で保存する、あるいは手術室から教室へと伝送することができます。

内視鏡検査用のコンポーネント(カメラコントロールユニット、ディスプレイ、アーカイブシステム AIDA™)を使用できるので、コスト的にもメリットがあります。

顕微鏡用カメラは、フルハイビジョンカメラプラットフォーム IMAGE1 S™ の一部であり、各種テクノロジー CLARA、CHROMA、および SPECTRA を使用することができます。