Navigation

Fluorescence Imaging

蛍光プロセスを使用すると、今までの白色光では把握できなかったものが、最小侵襲外科治療において可視化されます。

自発蛍光(AF)は粘膜の内部蛍光を利用したもので、粘膜に発生した悪性の腫瘍を早期に発見し、健全な組織から識別することができます。
光線力学診断(PDD)は、膀胱癌における蛍光性ポルフィリン生成物の病的な堆積を検出し、この悪性の病変の徹底的な治療を可能にします。
近赤外線(NIR)による画像再生は診断の領域を拡げ、臓器および組織の灌流判定、胆道の表示、ならびにリンパ節診断の視覚的サポートにも使用されています。ここでは、インドシアニングリーン(ICG)が使用されます。これらの各種プロセスのコアピースは、D-LIGHT光源装置、特別に調整された光学部品、および当社のハイビジョンカメラシステムです。

IMAGE1 S™ カメラシステムと組み合わせることによって、これらの蛍光プロセスは、医師の日々の業務において診断を下す際に、光診断的なサポートを提供します。

専門分野に関する詳細インフォメーション

照会された検索ワードを含む検索結果は見つかりませんでした

Highlights 2017 Fluorescence Imaging

Highlights 2017 Fluorescence Imaging

メディアのタイプ:
Marketing Brochure
使用できる言語:
D, E, ES, FR, IT, PT, JP
バージョン:
1.3 03-2018
番号:
96261013J
専門分野:
Fluorescence Imaging
泌尿器科光力学診断用 – IMAGE1 S™ OPAL1® PDDカメラシステム

泌尿器科光力学診断用 – IMAGE1 S™ OPAL1® PDDカメラシステム

メディアのタイプ:
ENDOWORLD®
使用できる言語:
D, E, ES, FR, IT, PT, JP
バージョン:
1.0 11-2017
番号:
96262002J
専門分野:
Fluorescence Imaging
ファイバーライトケーブル 液体ライトケーブル モデル 495 xx, 69495 XX

ファイバーライトケーブル 液体ライトケーブル モデル 495 xx, 69495 XX

メディアのタイプ:
同梱文書
使用できる言語:
D, E, ES, FR, IT, PT, RU, CN, AR, JP, TR, US
バージョン:
3.0 11-2017
番号:
97000213
専門分野:
このドキュメントは登録済みのユーザーのみ利用可能です。 ログインしてください。

Clinical applications of indocyanine green (ICG) enhanced fluorescence in laparoscopic surgery

医療機器

Fluorescence Imaging

Boni L, David G, Mangano A, Dionigi G, Rausei S, Spampatti S, Cassinotti E, Fingerhut A

Surgical Endoscopy. 2014 Oct 11

A Comparison of Radiocolloid and Indocyanine GreenFluorescence Imaging, Sentinel Lymph Node Mapping in Patients with Cervical Cancer

医療機器

Fluorescence Imaging

Imboden S, Papadia A, Nauwerk M, McKinnon B, Kollmann Z, Mohr S, Lanz S, Mueller MD

Annals of Surgical Oncology. 2015 Jun 30.

Indocyanine green fluorescence endoscopy for visual differentiation of pituitary tumor from surrounding structures

医療機器

Fluorescence Imaging

Litvack ZN, Zada G, Laws ER Jr.

J Neurosurg. 2012 Feb 24.

Endoscopic ICG perfusion imaging for flap transplants: clinical results

医療機器

Fluorescence Imaging

Christian Betz

Head Neck Oncol. 2010; 2(Suppl 1): O15. Published online 2010 October 29. doi: 10.1186/1758-3284-2-S1-O15

Semi-quantitative Fluorescence Endoscopy with use of ICG

医療機器

Fluorescence Imaging

Hilmar Schachenmayr, Sven Zhorzel, Herbert Stepp, Ulrich Harréus und Christian Stephan Betz

World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, September 7 - 12, 2009, Munich, Germany IFMBE Proceedings, 2009, Volume 25/6, 118-119, DOI: 10.1007/978-3-642-03906-5_32

Endoscopic measurements of free-flap perfusion in the head and neck region using red-excited Indocyanine Green: preliminary results

医療機器

Fluorescence Imaging

Betz CS, Zhorzel S, Schachenmayr H, Stepp H, Havel M, Siedek V, Leunig A, Matthias C, Hopper C, Harreus U.

J Plast Reconstr Aesthet Surg. 2009 Dec;62(12):1602-8. Epub 2008 Nov 25

Lymph node pathway visualization in real time by laparoscopic radioisotope- and fluorescence- guided sentinel lymph node dissection in prostate cancer staging

医療機器

Fluorescence Imaging

Jeschke, S., Lusuardi, L., Myatt, A., Hruby, S., Janetschek, G.

27th Annual Congress of the European Association of Urology Paris, February 27, 2012

IntraoperativeLaparoscopicFluorescenceGuidance to the Sentinel Lymph Node in Prostate Cancer Patients: Clinical Proof of Concept of an Integrated Functional Imaging Approach Using a Multimodal Tracer

医療機器

Fluorescence Imaging

Henk G. van der Poela, Tessa Buckleb, Oscar R. Brouwerb, Renato A. Valdés Olmosb, Fijs W.B. van Leeuwenb

European Urology Volume 60, Issue 4, October 2011, Pages 826–833

Die laparoskopische Fluoreszenzangiographie mit Indocyaningrün zur intraoperativen Beurteilung der Perfusion bei kolorektalen Anastomosen

医療機器

Fluorescence Imaging

T. Carus und H. Lienhard

Deutsche Gesellschaft für Chirurgie, 2009, Volume 38, Chirurgisches Forum und DGAV Forum 2009 , XXIII, 331-333, DOI: 10.1007/978-3-642-00625-8_120