Navigation

Fluorescence Imaging

蛍光プロセスを使用すると、今までの白色光では把握できなかったものが、最小侵襲外科治療において可視化されます。

自発蛍光(AF)は粘膜の内部蛍光を利用したもので、粘膜に発生した悪性の腫瘍を早期に発見し、健全な組織から識別することができます。
光線力学診断(PDD)は、膀胱癌における蛍光性ポルフィリン生成物の病的な堆積を検出し、この悪性の病変の徹底的な治療を可能にします。
近赤外線(NIR)による画像再生は診断の領域を拡げ、臓器および組織の灌流判定、胆道の表示、ならびにリンパ節診断の視覚的サポートにも使用されています。ここでは、インドシアニングリーン(ICG)が使用されます。
これらの各種診断プロセスのコアピースは、D-LIGHT光源装置、特別に調整された光学部品、および当社のハイビジョンカメラシステムです。

新しい IMAGE1 S カメラシステムと組み合わせることによって、これらの蛍光プロセスは、医師の日々の業務において診断を下す際に、光診断的なサポートを提供します。

ハイライト

カールストルツの近赤外線(NIR/ICG)システム

新しい光の生かし方

カールストルツの近赤外線(NIR/ICG)システムによって、組織表面の下に隠れた部分を見ることができます。近赤外線を用いて、蛍光造影剤インドシアニングリーン(ICG)の分布を可視化します。

特徴:

  • 標準白色光および蛍光画像再生に使用可能
  • 背景照明付き蛍光モード
  • フットスイッチによって、白色光モードと ICG モードとを迅速に切り替え
  • 内視鏡手術および開腹手術向け光学部品
  • 最適な照明とコントラストの強化
腸がん患者の大腸部位の潅流診断
腸がん患者の大腸部位の潅流診断 - ソース: Prof. Luigi Boni、インスブリア大学、イタリア、ヴァレーゼ

大腸部位の血流評価を、カールストルツの近赤外線(NIR/ICG)システムで、迅速かつ容易に行うことができます。組織内でのICGの急速な拡散をモニタリングすることによって、血流の少ない部位の同定を容易に行うことができます。このシステムを使えば、医師は、自分の下す判断に自信を持つことができます。

  • 手術中に直接診断するので、手術時間が短縮されます。
  • 切除を計画しているゾーンの迅速な血流評価
  • 血流の少ない部位がICGによって同定され、切除術の際にこれを利用することができます。
  • 組織表面下部の「ランドマーク」を、リアルタイムで可視化できます。
胆嚢摘出術施術中の蛍光胆管造影法
胆嚢摘出術施術中の蛍光胆管造影法 - ソース: Prof. Luigi Boni、インスブリア大学、イタリア、ヴァレーゼ

静脈に注入されたICGは、胆道に集まります。カールストルツの近赤外線(NIR/ICG)システムは、集まったICGを蛍光励起します。これによって、胆汁系の解剖学的状態を、迅速に同定することができます。ボタン操作ひとつで白色光モードと蛍光モードとを切り替えることができ、腹腔鏡下または開腹によって胆嚢摘出術を迅速かつ容易に行うことができます。

  • 手術中に胆管造影法を行うのと比べて、ICGを使うと手術時間が短縮されます。
  • ICGを用いて胆管系を可視化することで、胆嚢管、総胆管、および門脈を確実に区別することができます。
  • ICGによる手術中の胆汁漏の可視化
  • カメラシステムには一切変更を加えることなく、光学部品を交換するだけで足りるので、切開式の手術と最小侵襲手術とを迅速に切り替えることができます。
  • オールインワンソリューションによって、内視鏡下手術、腹腔鏡下手術、および切開手術を行うことができます。
蛍光技術補助によるリンパ節切除術を伴う腹腔鏡下横行結腸切除術
蛍光技術補助によるリンパ節切除術を伴う腹腔鏡下横行結腸切除術 - ソース: Prof. Luigi Boni、インスブリア大学、イタリア、ヴァレーゼ

リンパ管の可視化は、多くのアプリケーション領域で、たいへん役に立ちます。カールストルツの近赤外線(NIR/ICG)システムを使えば、リンパ管内のICGを可視化することができます。このシステムを使用する医師は皆、蛍光技術を用いることによって、視覚的な点検が可能で視覚的情報によって導かれることを賞賛しています。

  • NIR すなわち近赤外線は、手術中にセンチネルリンパ節、あるいはリンパ系全体を検出することを可能にします。
  • リンパ性転移の可能性がある場合の、切除対象のリンパ管およびリンパ節を、X線照射なしで可視化します。
  • リンパ節の一括切除が容易になります。
  • 従来のリンパ節可視化の方法と比べて、正確性が向上します。
内視鏡下結腸吻合 – 出典: Prof. Luigi Boni, University of Insubria, Varese, イタリア(内視鏡画像)
内視鏡下結腸吻合 – 出典: Prof. Luigi Boni, University of Insubria, Varese, イタリア(内視鏡画像)

カールストルツの近赤外線(NIR/ICG)システムは、結腸の血流を検査することができます。腹腔鏡検査を行う外科医にとって、吻合を触診によって検査することはできませんが、視覚的な検査を行うことができます。そのために、NIR/ICG 蛍光血管造影法が、手術中に行うことのできるリアルタイムソリューションとして提供されています。

NIR/ICG 蛍光血管造影法は、迅速かつ容易に行うことができます。ステープラー縫合を施す前と、吻合部の完成直後に、外科医は健康な腸部位の境界を同定し、十分な血流があることを確認します。ICG を静脈に注射した後、近赤外線光を照射すると、血流の良い部位と虚血部位とを容易に認識することができます。これによって、外科医は境界部の血流が良好であるかどうかを確認することができます。もし血流が良好でなければ、医師はすぐに介入を行い吻合部の位置を修正することができます。

WHO(世界保健機関)の発表によれば、2012 年に世界中で 694,000 名以上が結腸直腸がんで死亡しています。これは、がんの中でも3番目に多い死亡者数です。大抵の場合、治癒への道は根治術しかありません。

根治術による治癒プロセスにおいて、結腸直腸吻合が成功することはたいへん重要な要因です。腸の吻合部位の血流は、ことのほか重要となります。結腸吻合および直腸吻合の吻合漏出率(AL)は、7.2%であり、直腸吻合単独での吻合漏出率は8.8% 1 となっています。これによる死亡率は、6 ~ 22% であり、結腸直腸吻合後の AL のない患者に対し、56% の罹患率となっています 2

カールストルツの近赤外線(NIR/ICG)蛍光血管造影法によって、虚血部位との境界を確認することができます。最新の研究 3 によれば、手術中に NIR/ICG 画像再生技術を用いて灌流判定をすることによって、吻合漏出率を 0% にまで下げることができたとされています。

1.Pommergaard HC, et al. Colorectal Dis.2014.
2.Daams F, et al. World J Gastroenterol.2013
3.Boni, L, et al. Surg.Endos, 2015.

ソース: Prof. Boni, University of Insubria, Varese, Italien (内視鏡画像)

カールストルツの近赤外線(NIR/ICG)システムおよびインドシアニングリーン(ICG)マーカーによって、腫瘍近くのリンパ系全体を、放射線を使わずにリアルタイムで可視化することができます。

このシステムのメリット:

  • 放射線を用いないリンパ節検出方法
  • 複数の分野で使用可能
  • キセノンベースのテクノロジー(レーザー放射に対する保護措置が不要)
  • フットペダルを用いて、標準白色光モードと蛍光モードとの間を直観的に切り替え
  • 医師による外科治療での経験:
    NIR/ICG システムを用いて視覚的なコントロールを行うことで、リンパ節切除術におけるラジカル性を減少させ、同時にリンパ節の一括切除術が容易になります。

* インドシアニングリーンの皮内投与による(S)LN の検出は、すでにイタリア(乳がん)、日本、およびロシアで認可されています。お勤めの病院/お住まいの国での、ICG のオフラベル使用の可否について、事前にご確認下さい。

ソース:Prof. Cardíere, Saint-Pierre-Universität, Brüssel, Belgien (内視鏡画像)

婦人科において、センチネルリンパ節(SLN)への腫瘍侵入は、極めて大きな意味を持ちます。これは、腫瘍研究に関する医学的情報が与えられ、それによって重要な予後因子と見なされるからです。乳房外科治療においては、放射性トレーサー 99mTc による SLN 検出がゴールドスタンダートとなっています。この他の範囲の婦人科における腫瘍外科治療では、この方法の摘要が、選択的リンパ節切除術に対して議論の対象となっています。ICG を用いた NIR 画像再生はここで、新しい、放射線を用いない画像再生技術として、重要なサポートを提供することができます。1 子宮内膜癌における SLN については、これまでに次のような結果が出ています(放射性トレーサー 99mTc vs. ICG):

  放射性トレーサー 99mTc ICG
全体的な SLN 検出率 バイラテラル SLN 全体的な SLN 検出率 バイラテラル SLN
研究 12 83 % 61 % 95.5 % 95.5 %

1 Papadia et al.、シルバーブック、婦人科悪性腫瘍における NIR/ICG 蛍光画像再生法によるセンチネルリンパ節マッピング(ISBN 978-3-89756-931-7)
2 Imboden et al., Surg.Oncol.2015

ソース:Prof. Boni, University of Insubria, Varese, Italien (内視鏡画像)

この他多くの分野において、カールストルツの NIR/ICG システムによる蛍光技術を用いたリンパ系の可視化メソッドが用いられています。次に挙げる例は、すでに文献に記載されています:
泌尿器科 1、2

  • 前立腺癌
  • 陰茎癌

一般外科 3、4

  • 直腸結腸癌
  • 膵臓癌
  • 胃癌

1 Jeschke et al. 2012
2 Hruby et al. 2015
3 Boni et al. 2014
4 Boni et al.、シルバーブック、腹腔鏡下外科治療における NIR/ICG 蛍光画像再生法(ISBN 978-3-89756-933-1)

ソース:Dr. García Valdecasas, Hospital Clínic de Barcelona, Spanien

切開式手術の分野でのリンパ系の可視化向けにも、カールストルツは、VITOM® II ICG エクソスコープで、理想的なソリューションを提供しています。VITOM® II ICG は、NIR/ICG システムを使用することができます。

  • 例えば婦人科における乳がん治療などのように、切開式手術においても、さまざまな専門分野で、蛍光技術のサポートによるリンパ節検出法が実行されています。
  • 執刀医の作業範囲内に、支持アームを使ってエクソスコープを固定することができます。
  • 理想的な結果を得るために、さらに画像強調モード SPECTRA A に切り替えて、コントラストを際立たせることができます。
Source: Niclas Kvarnström, M.D., Sahlgrenska University Hospital, Göteborg, Sweden (application image)
Source: Niclas Kvarnström, M.D., Sahlgrenska University Hospital, Göteborg, Sweden (application image)

Illumination with near infrared light using indocyanine green (ICG) enables enhanced visualization of anatomical structures such as the biliary ducts, the lymphatic system and blood vessels. Use of the IMAGE1 S NIR system proves to be a versatile application in liver surgery. It allows the diagnosis of potential liver metastases, primary liver tumors or bile leakage and makes it possible to perform fluorescence-assisted liver segmentectomy.

The system offers the following advantages:

  • Multidisciplinary use in both endoscopy and open surgery
  • Laparoscopes with a diameter of 10 mm and now available with a diameter of 5 mm
  • Xenon-based technology (no laser safety measures necessary)
  • Intuitive switchover between standard white light and fluorescence mode via footswitch
ソース:Dr. Takeaki Ishizawa, 東京大学、日本(適用例の画像)
ソース:Dr. Takeaki Ishizawa, 東京大学、日本(適用例の画像)

原発性肝臓癌は、世界で6番目に発症率の高い癌です。肝臓への転移は、原発性肝臓癌よりも20倍の発症率を持ちます。1 肝臓外科治療に対する、NIR/ICGシステムのメリットは次の通りです:

  • ICG と近赤外線光とを組み合わせることで、手術中に組織表面上または組織表面下の肝臓癌およびその転移を可視化することができます。2
  • ミリメーター単位の小さな転移まで診断することができます。3
  • 切除限度の確定が容易になります。4

1 ドイツの癌罹患率2011/2012 (10.), Robert-Koch-Institut, Berlin
2 組織の構成に応じて最高1センチまで。
3 Tummers et al., First experience on laparoscopic near-infrared fluorescence imaging of hepatic uveal melanoma metastases using indocyanine green, 2014
4 Boni et al., Doctor-to-Doctor Manual ENDO-PRESS®, NIR/ICG-Fluoreszenzbildgebung in der laparoskopischen Chirurgie (ISBN 978-3-89756-933-1)

ソース:Dr. Niclas Kvarnström, Sahlgrenska イエテボリ大学病院
ソース:Dr. Niclas Kvarnström, Sahlgrenska イエテボリ大学病院

肝臓外科治療におけるこの他の可能な適用方法としては、該当するセグメントに血液を供給している血管に ICG を選択的投与して行う、腹腔鏡下および切開手術における肝臓区域切除術の補助があります。肝臓区域切除術を行うための要件は、血管の多様な解剖学的な異形に配慮しながら、存在する血管の分布および個々の区域境界を正確に認識していることです。

  • 腫瘍の位置は、手術中に CT、MRT および超音波などによって特定されます。
  • ICG は当該の区域に血液を供給する血管に注入します。
  • 当該の区域は、蛍光法によって、隣接する蛍光していない区域と明瞭に区別されます。

ICG による蛍光法はこの他、肝臓区域切除術、あるいは肝臓移植術の施術後の、胆道からの胆汁漏れを検出するのにも役立ちます。

ソース:Dr. Takeaki Ishizawa, 東京大学、日本
ソース:Dr. Takeaki Ishizawa, 東京大学、日本

カールストルツは、VITOM® II ICG エクソスコープで、切開式肝臓外科治療向けに理想的なソリューションを提供しています。VITOM® II ICG は、IMAGE1 S NIR システムとともに、大きな手間なく腹腔鏡検査に使用することができます。

  • 切開手術における蛍光法補助による肝臓癌および肝臓への転移の診断も、肝臓区域および胆嚢からの胆汁漏れの可視化も行うことができます
  • 執刀医の作業範囲に、支持アームを用いてエクソスコープを設置することもできます
  • 理想的な蛍光法結果を得るために、さらに画像強調モード SPECTRA A に切り替えることができます。

専門分野に関する詳細インフォメーション

照会された検索ワードを含む検索結果は見つかりませんでした

照会された検索ワードを含む検索結果は見つかりませんでした

照会された検索ワードを含む検索結果は見つかりませんでした

Clinical applications of indocyanine green (ICG) enhanced fluorescence in laparoscopic surgery

医療機器

Fluorescence Imaging

Boni L, David G, Mangano A, Dionigi G, Rausei S, Spampatti S, Cassinotti E, Fingerhut A

Surgical Endoscopy. 2014 Oct 11

A Comparison of Radiocolloid and Indocyanine GreenFluorescence Imaging, Sentinel Lymph Node Mapping in Patients with Cervical Cancer

医療機器

Fluorescence Imaging

Imboden S, Papadia A, Nauwerk M, McKinnon B, Kollmann Z, Mohr S, Lanz S, Mueller MD

Annals of Surgical Oncology. 2015 Jun 30.

Indocyanine green fluorescence endoscopy for visual differentiation of pituitary tumor from surrounding structures

医療機器

Fluorescence Imaging

Litvack ZN, Zada G, Laws ER Jr.

J Neurosurg. 2012 Feb 24.

Endoscopic ICG perfusion imaging for flap transplants: clinical results

医療機器

Fluorescence Imaging

Christian Betz

Head Neck Oncol. 2010; 2(Suppl 1): O15. Published online 2010 October 29. doi: 10.1186/1758-3284-2-S1-O15

Semi-quantitative Fluorescence Endoscopy with use of ICG

医療機器

Fluorescence Imaging

Hilmar Schachenmayr, Sven Zhorzel, Herbert Stepp, Ulrich Harréus und Christian Stephan Betz

World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, September 7 - 12, 2009, Munich, Germany IFMBE Proceedings, 2009, Volume 25/6, 118-119, DOI: 10.1007/978-3-642-03906-5_32

Endoscopic measurements of free-flap perfusion in the head and neck region using red-excited Indocyanine Green: preliminary results

医療機器

Fluorescence Imaging

Betz CS, Zhorzel S, Schachenmayr H, Stepp H, Havel M, Siedek V, Leunig A, Matthias C, Hopper C, Harreus U.

J Plast Reconstr Aesthet Surg. 2009 Dec;62(12):1602-8. Epub 2008 Nov 25

Lymph node pathway visualization in real time by laparoscopic radioisotope- and fluorescence- guided sentinel lymph node dissection in prostate cancer staging

医療機器

Fluorescence Imaging

Jeschke, S., Lusuardi, L., Myatt, A., Hruby, S., Janetschek, G.

27th Annual Congress of the European Association of Urology Paris, February 27, 2012

IntraoperativeLaparoscopicFluorescenceGuidance to the Sentinel Lymph Node in Prostate Cancer Patients: Clinical Proof of Concept of an Integrated Functional Imaging Approach Using a Multimodal Tracer

医療機器

Fluorescence Imaging

Henk G. van der Poela, Tessa Buckleb, Oscar R. Brouwerb, Renato A. Valdés Olmosb, Fijs W.B. van Leeuwenb

European Urology Volume 60, Issue 4, October 2011, Pages 826–833

Die laparoskopische Fluoreszenzangiographie mit Indocyaningrün zur intraoperativen Beurteilung der Perfusion bei kolorektalen Anastomosen

医療機器

Fluorescence Imaging

T. Carus und H. Lienhard

Deutsche Gesellschaft für Chirurgie, 2009, Volume 38, Chirurgisches Forum und DGAV Forum 2009 , XXIII, 331-333, DOI: 10.1007/978-3-642-00625-8_120