Navigation

新型ウイルスコロナによるパンデミック – 医療のために当社が貢献すること

この激動の時代には、安全、安定はもとより、殊更、非常事態に迅速に対応するフレキシビリティが求められます。現在のパンデミックは、医療体制、医師、医療従事者および職員の皆様、患者様、そして企業にとり、かつてなかった挑戦であり、これを克服するためには協力、コミュニケーション、そして技術革新が必要です。

このような状況においても、当社は、医療におけるパートナー企業様を、適当な製品、コンサルティング、そしてサービスによってサポートすることに焦点を置いています。

医療のパートナー ・ 従業員の感染防止 ・ 患者様のための供給を確保する

当社の従業員は、皆様がカールストルツの高い品質を備えた製品によって引き続き患者様の治療に当たることができるよう、大きな責任感を持って仕事に従事しています。それはCovid 19の患者様においても、予定された内視鏡手術においても同様です。

当社従業員の感染防止 – フレキシブルな勤務体制

皆様のお役に立てるように、私たちは当社社員の安全と健康に注意することが大切だと考えます。ソーシャルディスタンシングを一貫して実現するために、当社は世界全体のカールストルツグループにおいて特に次の社内感染防止対策を講じました:

  • 製造、ロジスティクスその他の分野での時間差勤務
  • テレワークおよびデジタルによる共同作業を安定拡大するためのITインフラ構築
  • 事業上不可欠な分野におけるチームの分散
  • 衛生・清掃対策の強化
  • 透明な情報ポリシーおよび社員の広範囲な研修

この感染防止対策によって、当社は皆様から信頼されるパートナーとして医療における供給の役割を確保し、重大な患者様のケアに対する当社の責務を中断することなく、積極的に継続していくことによって貢献します。

納品能力 – 焦点を確保する

現在のところ、製造、ロジスティクス、サービス、その他サポート部門は完全に機能しています。これは本社および製造拠点トゥットリンゲンだけでなく、スイス、エストニア、米国の製造拠点にも当てはまることです。同様にサプライヤーの方々とも密接に連絡を取っており、材料供給を確保しています。これに関してもまだ深刻な問題は起きていません。当社はこれからも生産能力の確保を目指し、患者様のための供給を続けていく所存です。現在、今後の予測を示すことが難しい状況ですが、あらゆる関係者の皆様のご尽力のもと、重要な供給を随時提供することができるようにしたいと思っています。残念ながら今すでにいくつかの製品グループで納品遅延が起きる可能性が出てきています。こういった場合には、お客様およびパートナー企業様と密接に連絡を取り合い、できるだけ皆様の予見性の向上に努めます。

皆様の貢献が必要不可欠です

病院の医療従事者・職員の皆様に心からお礼申し上げます。皆様は、この困難な状況において、日々、たゆみなく、出来る限り患者様のケアを行っていらっしゃいます。これは各個人の健康のためだけではなく、社会全体の福祉にとって欠かせないことです。この状況の中で当社は患者様のケアに最善の努力をされている皆様をサポートするため、できる限りのことをする所存です。共に力を合わせれば最大の力を発揮できます。

気道確保 – Covid 19による患者様の気管挿管のためのビデオ喉頭鏡

現在のコロナの状況において、当社のC-MAC® ビデオ喉頭鏡、気管挿管内視鏡、C-MAC® S シングルユースビデオ喉頭鏡並びに気管支鏡の需要が著しく増しています。この特別な需要状況に対処するため、当社は製造能力を大幅に拡大しました。この能力をこれからも、著しく、かつ迅速に高めるために、あらゆる手立てを尽くすことをお約束します。これまでに行った生産力向上策はすでに好効果を示していますが、現在の需要増加には一部しか対応できない状態で、つまり最新状況においては即時納入は必ずしも保証できません。

S-PILOT® – 排煙マネージメントのためのモジュール式ソリューション

腹腔鏡のパイオニアとしてカールストルツは常に最新技術の開発を続けています。その良い例の一つがモジュール式排煙システムS-PILOT®です。これにはインラインフィルタリングとアクティブ使用とパッシブ使用のためのオプションが付いています。SAGESおよびEAESの最新ガイドラインは以下を推奨しています:「腹腔鏡手術の場合、発生するCO2のエアロゾル含有分子のフィルタリングのための補助手段を使うことを早急に考えるべきである」。
カールストルツは排煙濾過のためのカールストルツシステムの効率を、ULPAの認証要求に応じて検査したわけでも、SARS-CoV-2ウィルスのフィルタリングを検査したわけでもありませんが、細菌およびその他のウイルスのフィルタリングに関するカールストルツ製フィルターの効率についてのデータを有しています。
カールストルツ製フィルターの効率は、「ウイルス性フィルター効率 (VFE)」として知られている微生物を使ったよくある検査方法と「細菌性フィルター効率(BFE)」によって検査しました。この種の検査ではこれらの検査方法が臨床現場に最も良く相応すると考えられています。3 +/- 0.3 µmの平均分子サイズで、0.027 µmでɸX174 のウイルス・ファージ (VFEの場合) または黄色ブドウ球菌(BFEの場合) 入りの検査用エアロゾルが使われました。検査結果はフィルター効率が 99.999%以上であることを証明しました。1.2
非微生物検査においては0.3 µmのサイズの検査用エアロゾルDEHS(セバシン酸ジオクチル)が使われました。99.99%以上のフィルター効率が得られました。3

お客様個人の要求に応じたソリューションを得られるために、あるいは排煙濾過関連のポートフォリオ詳細に関して、最寄りのカールストルツ代理店にご連絡ください。
インラインフィルター付S-PILOT®は腹腔鏡外科の現場との共同作業によって開発されたカールストルツ製品の幅広いラインナップの一部です。全ポートフォリオは成人並びに小児の患者様の診断および処置のための腹腔鏡手術全範囲にわたっています。

Nelson Laboratories Inc., Salt Lake City, USA: „Virus Filtration Efficiency Test (VFE) at an Increased Challenge Level“ Lab.No. 169548, 2000年9月13日 (内部参考資料:SAP ID 300000338072).

2 Nelson Laboratories Inc., Salt Lake City, USA: „Bacterial Filtration Efficiency Test (BFE) at an Increased Challenge Level“ Lab.No. 169685, 2000年9月13日 (内部参考資料:SAP ID 300000338073).

GVS Filter Technology UK, Lancashire LA3 3EN, UK: 製品仕様モデル 984 Rev. 05, 2019年10月23日 (内部参考資料:SAP ID 300000338092).