Navigation

Stage

コンプライアンス

カールストルツ社は、日々の業務において、遵法的な態度を取り、誠実さ、忠実さ、透明性、持続性、そして公正さに則って振る舞うことを宣言します。これは概念的な規定ではなく、企業人としての行動の基本的なガイドラインです。当社創業者のカール・ストルツ博士(Dr. med. h. c. Karl Storz)は、この行動様式の規範を示した人であり、既にこれが長期的で持続性のある成功を成し遂げる鍵であると認識していました。法令ならびに企業独自の規定および行動規範を遵守することは、今日では「コンプライアンス」、すなわち法令遵守という名の下に広く認識されています。カールストルツにとってこれは、従業員、管理職、経営陣各人が、企業活動が常に法的規則および倫理的規範に則って行われていることに、絶えず注意を払うことを意味します。トゥットリンゲンの本社は、このためにグローバルなコンプライアンススタンダードを行動規範および付属のガイドラインという形でまとめています。このスタンダードは、各拠点所在地の指図によって、拘束力を持ち、世界的に実行に移されます。当該国の法律によって必要になった場合は、拡張されます。

当社は、この数十年の間に、内視鏡検査関連製品の品質およびイノベーションにおいて、高い名声を獲得しています。その各従業員は、この獲得した高い名声を護ること、ポジティブな行動を取ることを通じてその名声をさらに強めること、顧客からの信頼に常に応えていくこと、そしてあらゆる不法行為や非倫理的な行為を会社から遠ざけることに対して責任のある立場にあります。このために制定されたコンプライアンスガイドラインは、従業員に対しては明確な指針であり、顧客およびサプライヤに対しては、ビジネスプロセスにおいて常にフェアで納得できるパートナーであろうとする弊社からの約束事項です。