Navigation

Stage

ハイライト

OR1

SCENARA®

Unified Content Management and Interoperability by KARL STORZ

SCENARA® is a platform-independent and modular software solution for data storage and administration that also features a centralized communication interface.

  • SCENARA® .store coordinates all endoscopic data, including patient and procedure data, from various systems at a central location and thus enables fast and mobile data access.
  • SCENARA® .connect minimizes the complexity of the workflow via optimal interoperability between documentation solutions from KARL STORZ and other available information and archive systems from various manufacturers.
  • SCENARA® .store and SCENARA® .connect can be acquired with a service contract (optional). This includes software maintenance, troubleshooting and software updates without additional costs.

KARL STORZ OR1 FUSION®

人間工学的で効率的な作業のための統合型手術室

共通の直観的なユーザー画面を用いた、医療用デバイス、文書、通信、およびビデオルーティングの中央制御のためのイノベーティブなソリューション。

  • KARL STORZ OR1 FUSION® は、効率的で未来志向のデバイスです: 
  • 3D、4K での立体的な画像再生が可能
  • Skype および Skype for business による、世界中に張り巡らされた通信網
  • 別の手術室、講堂、医師室、面談室などにフレクシブルにビデオを転送できます。3D も可能です。
  • メーカーに依存せずに医療機器を組み込むことができ、ウェブベースで利用できます。

KARL STORZ AIDA®

ドキュメンテーションの著しい進歩

AIDA™ は、静止画像およびビデオシーケンスの撮影および保存を行うことができます。外科治療におけるドキュメンテーションのあらゆる要件を速やかに実現するための、スタンドアローンソリューションです。

  • AIDA™ は速やかに既存のインフラに組み込むことができ、DICOM インターフェースおよび HL7 インターフェースを組み込むことで理想的な相互運用を可能にします。
  • AIDA™ は、ひとりの患者の臨床プロセス全体をサポートします。
  • AIDA™ は、2つの DVI 画像ソースを同時に撮影することができます。それぞれのチャンネルで独自の設定を行うことができます。
  • AIDA™ には、コンフィギュレーション可能な安全チェックリストが組み込まれており、これによって安全性を高めます。
  • AIDA™ は、外科的処置が終了すると自動的に、かつ直接、内蔵されたエクスポートマネージャによって記録したデータを保存するので、交換時間が短縮されます。

KARL STORZ OR1™ mini

統合への鍵 - 今新たにストリーミング機能を組み込み

OR1™ mini – カールストルツの操作用インターフェースを装備した、取り扱いが容易で直観的なビデオルーチンシステムこの統合のための良心的価格のソリューションは、効率性を高め手術室での作業の流れを簡潔なものにします。

  • フルハイビジョンおよび3D品質でのルーティング
  • オプションの内臓ストリーミング機能
  • お客様のご希望に応じて、ルーティングソースとターゲットを指定可能
  • アナログインプットとデジタルインプットを用いて、ソースをフレクシブルに利用
  • PIP/PAP (ピクチャアンドピクチャ/ピクチャインピクチャ)での画像表示

LEDVISION®

光のビジョン – カールストルツの手術用照明

  • 極小の神経構造および血管構造を正確にあらわすことのできる現実の色彩に忠実な光
  • 複数の LED 光源を使用することにより、輪郭が鮮明になるとともに影の発生を抑制
  • 中央に組み込まれた HD カメラによる、清潔環境下での手術中のイベントのドキュメンテーション

可能なバリエーション:

LEDVISION® 202:ウイング2枚に電球を配置

LEDVISION® 203:ウイング3枚に電球を配置

LEDVISION® 302:ウイング2枚に電球を配置、および照明中央に LED リングを配置

LEDVISION® 303:ウイング3枚に電球を配置、および照明中央に LED リングを配置

あらゆる照明にカメラを配置することができます。

ORbiter®

手術室内でのマウント用ピラー – カールストルツの天井懸下ユニット

  • あらゆるタスクに対応する天井懸下ソリューション – 各種のデバイスの位置決めにも重量のある麻酔装置の持ち上げや位置決めにも
  • 空間を最適に活用: ORbiter® メディアコラムには、最高6枚の高さ調節可能な棚を取り付けることができます
  • 固定型およびモータ駆動式のマウントアームおよびメディアコラム
  • 受動的電磁ブレーキシステム(MOVE + STOP)による、軽やかな動作と安定したポジショニング
  • ENVILED – キャリアアームまたはメディアコラムに組み込まれた間接照明式の調光可能な LED 照明バーが、内視鏡下手術の際に最適な照明効果を提供します

可能なバリエーション:

麻酔、外科治療、および内視鏡検査向けの、オーダーメイドのソリューション