Navigation

Stage

腐敗防止ガイドライン

当社の責任ある行為に対する要求を満たすには、明確な行動規範(3)に基づく、パートナー企業(1)、医師、医療施設、およびその他の医療従事者(2)との、透明で法的根拠のある協力体制を必要とします。汚職やその他の形の違法な行為に対しては、厳しい姿勢を以て拒絶します。容認するつもりはありません。そのため、カールストルツの全従業員および管理職は、法的規定はもとより以下の行動規範を遵守し、それを日々の業務に反映させることが求められます。これによってカールストルツは、経済競争において、信頼するに足る出発点に着くことができるのです。

全般的事項:

カールストルツの従業員および管理職に対して、パートナー企業、医師、医療施設、その他の医療従事者が、直接あるいは間接的に購入の意志決定に影響を与えることを目的として、個人的な利益を提供、約束、保証することは禁じられています。同じく、カールストルツの従業員および管理職は、許可されない影響力の行使に繋がるような、個人的な利益を求めることも受け取ることも禁じられています。

個別的事項:

  • 不正な、汚職目的で、法的根拠なくなされた支払い(偽りの経費請求書、支払いの隠匿、誤りのある請求など)は、与えることも受け取ることも禁じられています。
  • 贈り物やその他の個人的利益の提供や享受は、個々のケースにおけるその合計金額や具体的な状況が、享受する者がそれに対する見返りを求められているという印象を与えない範囲である場合に限り許可されます。そのため、許可されるのは、廉価な販促用の景品などか、または社会的に妥当な枠内にあり、職業的な繋がりの範囲内であることが明らかである場合は、例外として特別な機会に個人的な贈り物を受けることも許されます。
  • 寄付の受け付けは、認可を受けた公共的機関でのみ許可されており、それに加えてカールストルツ社経営陣の明示的許可を必要とします。また、社内で取り決められている要件を満たしていなければなりません。
  • パートナー企業、医師、医療施設、その他の医療従事者から個人的な饗応を受けることは、営業上の必要がない限り許可されません。饗応は、公式な行事または会食の枠内にとどまるもので、程をわきまえた社会的に妥当な範囲内のものであれば認められます。
  • パートナー企業、医師、その他の医療施設の従業員などから、会議や情報収集のための行事や訓練のための行事への招待を受けることは許可されています。行事との関連から発生する経費については、それが行事に直接関係する経費であり、かつ妥当な範囲内である場合に限りカールストルツ社サイドで負担します。
  • 医療施設の研究プロジェクトおよび研究活動ならびにカールストルツの依頼によるアプリケーションの観察活動は、当該の医療施設がカールストルツとの協力作業に対する関心を持っていることが明らかで、科学的/医学的に正当な理由があれば許可されます。あらゆる個別のケースにおいて、カールストルツ社経営陣の許可を必要とします。契約当事者および適切な送金の受取者は、基本的に医療施設またはその代表者です。例外的に契約当事者が医療施設の従業員である場合、契約当事者はその職場の上司/経営者から文書による副業的活動の許可を取り、これをカールストルツに提出しなければなりません。
  • また、臨床検査および成果の評価に関する契約を、検査医を含めた上で、その医療施設またはその代表者と締結する必要があります。送金は、その医療施設が指定した口座以外には行いません。検査医自身との契約の締結は、更新のない一度限りの契約であり、上司/経営者の発行した副業的活動の許可書がある場合のみ行います。
  • カールストルツ社のイメージ向上、および製品広告のためのスポンサー活動は、医療施設/企業に対してのみ行われますが、決してその企業に属する特定の個人に対して行われるものではありません。送金の受取者は、常にその医療施設/企業です。
  • ドイツ国外での活動においては、当該国においてより厳しい内容の汚職防止のための規定があり得、それを遵守します。
  • あらゆる個人は、自身の行動に対する法的な責任を負います。さらに、企業であるカールストルツの経営陣は、これらの行動規範が遵守されているかどうかについて厳格なチェックを行います。もしこの行動規範を損なう行動が見られた場合、カールストルツはそれに対して法的な手段に訴える事もあります。

注意事項:米国においては、特別な規則が適用されることに注意して下さい。

(1) これ以下に男性を示す用語が使用されている場合も、その用語は男性女性の両方に同等に有効とします。

(2) これらの行動規範の実行は医療分野以外のパートナー企業に対しても求められます。文書で言及されている、パートナー企業、医療施設、医師などに限定されません。

(3) これ以下に記載の行動原理は、詳細な、社内で通用している汚職防止ガイドラインに基づくもので、これらについては問い合わせがあればいつでも開示致します。

ご質問は、カールストルツ社の汚職防止窓口担当者までお寄せ下さい。