Navigation

ハイライト

直腸肛門科

E.P.Si.T. – Endoscopic Pilonidal Sinus Treatment

The pilonidal sinus is an acute or chronic inflammatory process in the subcutaneous adipose tissue, often occurring in the sacrococcygeal region1. E.P.Si.T. – Endoscopic Pilonidal Sinus Treatment – proceeds in two phases. In the first – diagnostic – phase, the sinus cavity and the sinus tracts are examined. The aim of the second – therapeutic – phase is to ablate the abscess cavity and to eliminate the fistula2. Both phases are performed under direct endoscopic control.

Special Features:

  • E.P.Si.T. can be performed in an outpatient setting
  • Ablation of the abscess cavity and elimination of the fistula under direct vision
  • High patient satisfaction3
  • Straightforward, safe, effective and reproducible method of treatment3
  • Instruments can also be used to treat anal fistulas (VAAFT technique)


Sources:
1AWMF Summary of the S3 Guidelines 081/009: Sinus pilonidalis

2Endoscopic Pilonidal Sinus Treatment: A Prospective Multicentre Trial. P. Meinero et al., 2016

3Endoscopic Pilonidal Sinus Treatment, Giarratano G et al., 2017

VAAFT Set

Video-Assisted Anal Fistula Treatment

The VAAFT technique is suitable for the surgical treatment of complex anal fistulas and recurrences. VAAFT – Video Assisted Anal Fistula Treatment – proceeds in two phases. The purpose of the first – diagnostic – phase is to inspect the fistula pathway and to locate the internal fistula opening. The goal of the second – therapeutic – phase is the complete destruction of the fistula epithelium. Both phases are performed under direct endoscopic control. 

Special Features: 

  • Exact localization of the internal fistula opening under visual control
  • Complete elimination of the fistula from the inside
  • Minimal postoperative trauma
  • Significant time and cost-saving potential
  • Fully autoclavable

TEO® – 径肛門的内視鏡下手術

直腸腫瘍治療用最小侵襲径肛門的プラットフォーム

径肛門的内視鏡下手術(TEO®)は、身体にある自然の開口部を用いた最小侵襲手術(NOTES)と、内視鏡および顕微鏡下の正確な切除術とを結び付けたものです。

特徴:

  • 長さ7.5 cm、15 cm、20 cmで品揃え
  • 従来のラパロスコピーカメラシステムすべてとの互換性があります
  • このプラットフォームは、機械式の保持アームを使って、たいへん安定した位置決めを行うことができます。

TEO® プラットフォーム、フレクシブルな作業用アタッチメントおよびハイフローアダプター B-PORT 付き

TEO®(Transanal Endoscopic Operations)径肛門的内視鏡下手術)は、身体にある自然の開口部を用いた最小侵襲手術(NOTES)と、拡大視による制御の効いた正確な切除術とを結び付けます。このとき、広径直腸鏡が、内視鏡下制御による手術用インスツルメントの挿入を可能にします。Prof. Luigi Boni(イタリア、ミラノ)の協力で、taTME(transanale totale mesorektale Exzision;経肛門的全直腸間膜切除術)用 TEO® プラットフォームが最適化されました。

特徴:

  • フレクシブルな作業用アタッチメントによって動きの自由度が拡張
  • 最大 15mm のサイズのインスツルメントが使用可能
  • ハイフローアダプターによって、迅速で安定した直腸へのガス充填および効果的な煙の吸引排出が可能
  • 遠位端が直線なので、内視鏡下タバコ嚢縫合を容易に行うことができます。
  • taTME に最適

D-PORT

リユーザブルな製品 D-PORT は、径肛門的外科治療用に構想され、最適化されています。経肛門的全直腸間膜切除術(taTME)も、このプラットフォームで行うことができます。

特徴:

  • CO2送気と煙の吸引を同時に行うことができます。
  • シールキャップに柔軟性があるため、自由な動作が可能です。
  • 外径が 30mm と小さいので、肛門への挿入が容易です。
  • 光学部品を選択できます(5mm または 10mm)
  • リユーザブルなので経費節減効果があります

ENDOFLATOR® 50およびS-PILOT® – 完璧な組み合わせ

ENDOFLATOR® 50 は、KARL STORZ S-PILOT® との組み合わせによって、排煙要件を完璧に満たします。気腹器の機能を最大限に発揮させるためには、適切な付属品を使用する必要があります。

特徴:

  • イノベーティブな制御機能によって術野が安定
  • ガスヒータの出力は、その都度の周辺環境に応じて適合し、光学部品の曇りを防止します。
  • たいへん小さな腔であっても、理想的な視野条件と安定した術野を確保できます。

ビデオによるドキュメンテーション向け直腸鏡 - スライドガイド付きRECTOVISION®

腹腔鏡技術と直腸鏡技術とを組み合わせることによって、結腸直腸手術を受ける患者の管腔内の状況が極めて鮮明に映像化され、質の良いドキュメンテーションを行えるようになりました。ビデオ直腸鏡検査は、シンプルで容易に行うことのできるプロセスです。RECTOVISION®は、外来でも手術関連の領域でも使用することができるように構想されています。

特徴:

  • 繊細なディテールも鮮明に高解像度で画像表示
  • 全体がリユーザブルで、長い耐用期間を有します。
  • あらゆる10mmサイズの光学部品を使用できます - 腔内灌流判定に向けたNIR/ICGとの併用の場合も。
  • 気密のスライドガイドによって、検査野が安定します。

KARL STORZ SILVER SCOPE®

Flexible Rectoscope TROIDL

The flexible TROIDL SILVER SCOPE® rectoscope combines the fundamental advantages of flexible endoscopy with the application possibilities of rectoscopy.

Special Features:

  • Working length of 40 cm ensures easy handling
  • Up to 210° inversion improves visualization and, consequently, diagnostic and therapeutic options thanks to forward and retrograde viewing
  • Field of application especially suited for surgical conditions and procedures in the rectal area
  • Fatigue-free work thanks to ergonomically shaped control unit
  • Possibility to combine rigid and flexible endoscopy thanks to modular IMAGE1 S camera platform

肛門外科におけるドキュメンテーション

モバイル式オールインワンソリューション TELE PACK X GI は、直腸肛門鏡または直腸鏡下検査における患者への視覚的な説明を可能にします。フレクシブル直腸鏡(TROIDL 式)ならびに硬性システム PROCTOVISION® および RECTOVISION® を使って、あらゆる重要な検査ステップおよび/または治療ステップを視覚化しドキュメンテーションを行うことができます。

特徴:

  • ディスプレイ、ビデオプロセッサ、LED 光源、ドキュメンテーションユニット、および送気ポンプをひとつのデバイスに組み込んだ、オールインワンソリューション
  • 医院、救急外来、集中治療室などで汎用可能
  • フレクシブル内視鏡および硬性内視鏡を、対応するアダプターで簡単に接続できます。
  • 患者への視覚的な説明の他、このドキュメンテーションシステムは肛門科の訓練向けの絶好の補助媒体となります。
  • ネットワーク機能が内蔵されているので、病院ネットワークおよび医院ネットワークへの患者画像およびビデオのエクスポートを簡単に行うことができます。

SAAD Retrieval Tube

For avoiding minilaparotomy in laparoscopic colon resection

Laparoscopic techniques in colorectal resection have become increasingly established in recent years as a standard procedure in colorectal surgery1,2 although a minilaparotomy is still necessary to recover the specimen. The SAAD retrieval tube – which can be introduced both transanally and transvaginally – was designed to avoid minilaparotomy and thus significantly reduce the morbidity of the abdominal wall in the form of wound infections, postoperative pain and the formation of abdominal hernias3.

Special Features:

  • Smooth and gentle insertion thanks to anatomically adapted shape
  • The flexible working insert allows instrument use without the loss of CO2


1 Kuhry E, Schwenk W, Gaupset R, Romild U, Bonjer HJ (2012) Long-term results of laparoscopic colorectal cancer resection

2 Schwenk W, Haase O, Neudecker JJ, Müller JM (2008) Short-term benefits of laparoscopic colorectal resection

3 Brockhaus AC, Politt D, Lindlohr C, Saad S (2016) Transanal extraction vs. minilaparotomy for laparoendoscopic left-sided colon resection

 

直腸肛門鏡

硬性直腸肛門鏡検査向けに、カールストルツは、各種サイズの直腸肛門鏡を豊富に取りそろえています。

特徴:

  • プラスチック製密閉装置が、直腸肛門鏡チューブの傾きを防ぎます。
  • 全体がリユーザブルで、長い耐用期間を有します。
  • 適切な作業用アタッチメントを装着することで、ビデオサポートによる直腸肛門鏡検査およびドキュメンテーションにも利用できます。

直腸鏡

硬性直腸鏡検査向けに、カールストルツは、各種サイズの直腸鏡を豊富に取りそろえています。

特徴:

  • 全体がリユーザブルで、長い耐用期間を有します。
  • 照明ヘッドは最適な照明を行うために、グラスファイバー製光ケーブルとのコネクタを備えています。
  • 適切な作業用アタッチメントを装着することで、ビデオサポートによる直腸鏡検査およびドキュメンテーションにも利用できます。

Hemorrhoid Treatment

KARL STORZ offers a wide range of suction ligature instruments for the treatment of hemorrhoids

Special Features:

  • Available with integrated mechanical vacuum pump or with connector pin for external vacuum pump
  • Replaceable, ergonomic handle
  • Available with lateral or straight suction openings