Navigation

Stage

内視鏡検査の柱となるもの

現代の内視鏡用ハイテクシステムは、さまざまな分野からなる部品で構成されています。光学部品、メカニズム、エレクトロニクス、使用するソフトウェアなどが完全に連携しなければ、システムは希望通りに機能してくれません。個々のコンポーネントを最適に相互作用させるのは簡単ですが、それを実現させるのは並大抵のことではありません。

開発が極めて精確に行われたとしても、最終的に出来上がる製品の品質は、工場での生産プロセスで決まります。すべての部品が最適に調和し、作動して初めて、完璧な機器が出来上がります。こうした高度な品質を得ることができるのは、部品をすべて、弊社が独自に開発・生産し、常時テストしているところにあります。製造拠点は技術的先進国に設置されています。このようなフィロソフィーがあってこそ、一つ一つの内視鏡システムに最大限の機能性および最高の品質が約束されるのです。 全分野において従業員に社内における職業訓練を徹底してするという弊社の原則があるからこそ、こうした品質への意識を持ち続けることが可能となります。