Navigation

結腸直腸外科と大腸肛門外科用カールストルツ製バーチャルスタンド

結腸直腸外科と大腸肛門外科用特殊製品を取りそろえたバーチャルスタンドにようこそ

当社の製品セレクション

IMAGE1 S™ 4U Rubina – 新しい 4K-NIR/ICGプラットフォーム

IMAGE1 S™ 4U RUBINAはインドシアニングリーン(ICG)並びに自家蛍光を描写するために、4K画像再生テクノロジーを近赤外線領域の蛍光画像再生と組み合わせています。このテクノロジーは非常に良い画質が可能であることと共に新しいNIR/ICG蛍光モードを備えていることが特徴です。新しいモードは、例えば白色光画像で重ね合わさるNIR/ ICG信号のように、ユーザーに貴重な情報をもたらします。さらに、IMAGE1 S™ RUBINAでは、NIR/ICG信号のインテンシティ表示と、組織の明確な境界を表すためにモノクロの色描写における近赤外線モードが単一で可能です。

特徴:

  • ネイティブ4K解像度による非常に優れた画像輝度および高レベルな色/詳細度
  • 新機能搭載のOPAL1® NIR/ICGテクノロジー
  • 白色光とオーバーレイおよびインテンシティマップの重ね合わせモード装備のS-テクノロジー
  • 改良された* NIR/ICGレンズと新タイプの45° 直径5mmおよび10mm
  • 白色光とNIR/ICG刺激用レーザーフリーLED光源

 

*旧モデルとの比較

血流の視覚化

大腸手術においてNIR/ICGを使用するための新しいメタ分析

医学のさまざまな領域において、血行の判定は重要な役目を果たします。IMAGE1 S™ RUBINAテクノロジーを使い、ICGを投与することによって、虚血性領域、灌流、そして血管構造をリアルタイムで表示することができます。これによって、手術中、執刀医の判断を強力にサポートすることができます。

適用例:

  • 摘出が予定されている部位、並びに、隣接する吻合部、例えば結腸1または食道の切除や胃のバイパス術2の場合等における血行の迅速な判定
  • 胆道造影2における嚢腫のある動脈の表示
  • 肝臓区域3と肺区域
  • 腹腔鏡、内視鏡、および切開式手術において多岐分野で使用可能


Koh et al., Fluorescent Angiography Used to Evaluate the Perfusion Status of Anastomosis in Laparoscopic Anterior Resection, 2016
2 Boni et al., Clinical Applications of Indocyanine Green (ICG) Enhanced Fluorescence in Laparoscopic Surgery, 2015
3 Diana M et al., Superselective Intra-arterial Hepatic Injection of Indocyanine Green (ICG) for Fluorescence Image-guided Segmental Positive Staining: Experimental Proof of the Concept, 2017

TELE PACK+

カールストルツの新しいオールインワンシステムTELEPACK+ は、モニター、LED光源、フルハイビジョンカメラコントロールユニット、そして内蔵ネットワーク機能付ドキュメンテーションユニットを一つにまとめたポータブルでコンパクトな装置です。

直腸肛門鏡

硬性直腸肛門鏡検査向けに、カールストルツは、各種サイズの直腸肛門鏡を豊富に取りそろえています。

特徴:

  • プラスチックオブチュレータ
  • 全体がリユーザブルで、長い耐用期間を有します。
  • 適切な作業用アタッチメントを装着することで、ビデオサポートによる直腸肛門鏡検査およびドキュメンテーションにも利用できます。

直腸鏡

硬性直腸鏡検査向けに、カールストルツは、各種サイズの直腸鏡を豊富に取りそろえています。

特徴:

  • 全体がリユーザブルで、長い耐用期間を有します。
  • グラスファイバー製光ケーブル用コネクタ付き照明ヘッド
  • 適切な作業用アタッチメントを装着することで、ビデオサポートによる直腸鏡検査およびドキュメンテーションにも利用できます。

ビデオによるドキュメンテーション向け直腸鏡 - スライドガイド付きRECTOVISION®

腹腔鏡技術と直腸鏡技術とを組み合わせることによって、大腸肛門手術を受ける患者様の管腔内の状況を視覚化し、文書化することができます。RECTOVISION®は、外来でも手術関連の領域でも使用することができるように構想されています。

特徴:

  • 繊細なディテールも鮮明に高解像度で画像表示
  • 全体がリユーザブルで、長い耐用期間を有します
  • あらゆる10mmサイズの光学部品を使用できます - 腔内灌流判定に向けたNIR/ICGとの併用の場合も
  • 気密のスライドガイド

Hemorrhoid Treatment

KARL STORZ offers a wide range of suction ligature instruments for the treatment of hemorrhoids

Special Features:

  • Available with integrated mechanical vacuum pump or with connector pin for external vacuum pump
  • Replaceable, ergonomic handle
  • Available with lateral or straight suction openings

E.P.Si.T. – Endoscopic Pilonidal Sinus Treatment

The pilonidal sinus is an acute or chronic inflammatory process in the subcutaneous adipose tissue, often occurring in the sacrococcygeal region1. E.P.Si.T. – Endoscopic Pilonidal Sinus Treatment – proceeds in two phases. In the first – diagnostic – phase, the sinus cavity and the sinus tracts are examined. The aim of the second – therapeutic – phase is to ablate the abscess cavity and to eliminate the fistula2. Both phases are performed under direct endoscopic control.

Special Features:

  • E.P.Si.T. can be performed in an outpatient setting
  • Ablation of the abscess cavity and elimination of the fistula under direct vision
  • High patient satisfaction3
  • Straightforward, safe, effective and reproducible method of treatment3
  • Instruments can also be used to treat anal fistulas (VAAFT technique)


Sources:
1AWMF Summary of the S3 Guidelines 081/009: Sinus pilonidalis

2Endoscopic Pilonidal Sinus Treatment: A Prospective Multicentre Trial. P. Meinero et al., 2016

3Endoscopic Pilonidal Sinus Treatment, Giarratano G et al., 2017

Endoscopic pilonidal sinus treatment (EPSiT)Endoskopische Pilonidalsinus Therapie (EPSiT): First single-center experience with an effective method for treating pilonidal sinus

医療機器

直腸肛門科

Angerer C, Königsrainer I

Coloproctology 2020

Endoscopic Pilonidal Sinus Treatment: A Tertiary Care Academic Center Experience

医療機器

直腸肛門科

Gallo G, Carpino A, De Paola G, Fulginiti S, Novelli E, Ferrari F, Sammarco G

Frontiers in Surgery 2021 Aug

Brazilian and argentinean multicentric study in the surgical minimally invasive treatment of pilonidal cyst

医療機器

直腸肛門科

Silveira Mendes C R, Santana de Miranda Ferreira L, Salim L

Brazilian archives of digestive surgery 2019 Oct

Short-term outcomes of endoscopic pilonidal sinus treatment

医療機器

直腸肛門科

Kalaiselvan R, Liyanage A, Rajaganeshan R

Annals of the Royal College of Surgeons of England 2019 Aug

The endoscopic treatment of pilonidal sinus disease: a short-term case-series study

医療機器

直腸肛門科

Khafagy A, Al Haddad E, AlSabah S

Annals of Saudi Medicine 2019 May-Jun

Preliminary report on endoscopic pilonidal sinus treatment in children: results of a multicentric series

医療機器

直腸肛門科

Pini Prato A, Mazzola C, Mattioli G, Escolino M, Esposito C, D'Alessio A, Abati LC, Leonelli L, Carlini C, Rotundi F, Meinero PC

Pediatric Surgery International 2018 Jun

Outcomes of endoscopic pilonidal sinus treatment (EPSiT): a systematic review

医療機器

直腸肛門科

Tien T, Athem R, Arulampalam T

Techniques in Coloproctology 2018 May

Endoscopic pilonidal sinus treatment versus total excision with primary closure for sacrococcygeal pilonidal sinus disease in the pediatric population

医療機器

直腸肛門科

Sequeira JB, Coelho A, Marinho AS, Bonet B, Carvalho F, Moreira-Pinto J

Journal of Pediatric Surgery 2018 Oct

Endoscopic Pilonidal Sinus Treatment: Long-Term Results of a Prospective Series

医療機器

直腸肛門科

Giarratano G, Toscana C, Shalaby M, Buonomo O, Petrella G, Sileri P

Journal of the Society of Laparoendoscopic Surgeons 2017 Jul-Sep

Endoscopic pilonidal sinus treatment: a prospective multicentre trial

医療機器

直腸肛門科

Meinero P, Stazi A, Carbone A, Fasolini F, Regusci L, La Torre M

Colorectal Disease: The Official Journal of the Association of Coloproctology of Great Britain and Ireland 2016 May

VAAFT Set

Video-Assisted Anal Fistula Treatment

The VAAFT technique is suitable for the surgical treatment of complex anal fistulas and recurrences. VAAFT – Video Assisted Anal Fistula Treatment – proceeds in two phases. The purpose of the first – diagnostic – phase is to inspect the fistula pathway and to locate the internal fistula opening. The goal of the second – therapeutic – phase is the complete destruction of the fistula epithelium. Both phases are performed under direct endoscopic control. 

Special Features: 

  • Exact localization of the internal fistula opening1 under visual control
  • Complete elimination of the fistula from the inside1
  • Minimal postoperative trauma1
  • Significant time-saving and cost-saving potential1
  • Fully autoclavable

 

Sources:
1 Video-assisted anal fistula treatment (VAAFT): a novel sphincter-saving procedure for treating complex anal fistulas. Meinero et. al. 2011

Long term efficacy of Video-Assisted Anal Fistula Treatment (VAAFT) for complex fistula-in-ano: a single-centre Australian experience

医療機器

直腸肛門科

Hinksman M, Naidu S, Loon K, Grundy J

ANZ Journal of Surgery 2022 Jan

A Systematic review and meta-analysis of the efficacy and safety of video-assisted anal fistula treatment (VAAFT)

医療機器

直腸肛門科

Emile SH, Elfeki H, Shalaby M, Sakr A

Surgical Endoscopy 2018 Apr

VAAFT: Video Assisted Anal Fistula Treatment; Bringing revolution in Fistula treatment

医療機器

直腸肛門科

Zarin M, Khan MI, Ahmad M, Ibrahim M, Khan MA

Pakistan Journal of Medical Sciences 2015 Sep-Oct

Video-assisted anal fistula treatment

医療機器

直腸肛門科

Kochhar G, Saha S, Andley M, Kumar A, Saurabh G, Pusuluri R, Bhise V, Kumar A

Journal of the Society of Laparoendoscopic Surgeons 2014 Jul-Sep

Comparative study of clinical efficacy between video-assisted anal fistula treatment and traditional fistula resection plus seton in treatment of complex anal fistula

医療機器

直腸肛門科

Zheng L, Lu J, Pu Y, Xing C, Zhao K

Chinese Journal of Gastrointestinal Surgery 2018 July

Symptom amelioration in Crohn's perianal fistulas using video assisted anal fistula treatment (VAAFT)

医療機器

直腸肛門科

Adegbola SO, Sahnan K, Tozer PJ, Strouhal R, Hart AL, Lung PF, Phillips RK, Faiz O, Warusavitarne J

Journal of Crohn’s and Colitis 2018 May

Video-assisted anal fistula treatment in the management of complex anal fistula: a single-center experience

医療機器

直腸肛門科

Stazi A, Izzo P, D'Angelo F, Radicchi M, Mazzi M, Tomassini F, Izzo L, Valabrega S

Minerva Chirurgica 2018 Apr

Short-term efficacy and safety of three novel sphincter-sparing techniques for anal fistulae: a systematic review

医療機器

直腸肛門科

Adegbola SO, Sahnan K, Pellino G, Tozer PJ, Hart A, Phillips RKS, Warusavitarne J, Faiz OD

Techniques in Coloproctology 2017 Oct

Enterocutaneous fistula: a novel video-assisted approach

医療機器

直腸肛門科

Rios HP, Goulart A, Rolanda C, Leão P

Wideochirurgia I inne techniki maloinwazyjne 2017 Sept

Video-Assisted Anal Fistula Treatment (VAAFT) for Complex Anal Fistula: A Preliminary Evaluation in China

医療機器

直腸肛門科

Jiang HH, Liu HL, Li Z, Xiao YH, Li AJ, Chang Y, Zhang Y, Lv L, Lin MB

Medical Science Monitor: International Medical Journal of Experimetal and Clinical Research 2017 Apr

TEO® – 径肛門的内視鏡下手術

直腸腫瘍治療用最小侵襲径肛門的プラットフォーム

径肛門的内視鏡下手術(TEO®)は、身体にある自然の開口部を用いた最小侵襲手術(NOTES)と、内視鏡および顕微鏡下の正確な切除術とを結び付けたものです。

特徴:

  • 長さ7.5 cm、15 cm、20 cmで品揃え
  • 従来のラパロスコピーカメラシステムすべてとの互換性があります
  • このプラットフォームは、機械式の保持アームを使って、たいへん安定した位置決めを行うことができます。

Transanal Endoscopic Operation for Benign Rectal Lesions and T1 Carcinoma

医療機器

直腸肛門科

Mathieu D'Hondt, MD, Emi Yoshihara, MD, Lieven Dedrye, MD, Koen Vindevoghel, MD, Frederiek Nuytens, MD, and Hans Pottel, PhD

Journal of the Society of Laparoendoscopic Surgeons 2017 Jan-Mar

Importance of Resection Margins in the Treatment of Rectal Adenomas by Transanal Endoscopic Surgery

医療機器

直腸肛門科

Serra-Aracil X, Ruiz-Edo N, Casalots-Casado A, Mora-López L, Pallisera-Lloveras A, Serra-Pla S, Puig-Diví V, Navarro-Soto S

Journal of Gastrointestinal Surgery 2018 Oct 10

What is the best tool for transanal endoscopic microsurgery (TEM)? A case-matched study in 74 patients comparing a standard platform and a disposable material

医療機器

直腸肛門科

Mege D, Bridoux V, Maggiori L, Tuech JJ, Panis Y

International Journal of Colorectal Disease 2017 Jul

Transanal endoscopic resection with peritoneal entry: a word of caution

医療機器

直腸肛門科

Molina G, Bordeianou L, Shellito P, Sylla P

Surgical Endoscopy 2016 May

Hybrid NOTES: TEO for transanal total mesorectal excision: intracorporeal resection and anastomosis

医療機器

直腸肛門科

Xavier Serra-AracilEmail author, Laura Mora-López, Alex Casalots, Carles Pericay, Raul Guerrero, Salvador Navarro-Soto

Surgical Endoscopy 2016 January

KARL STORZ SILVER SCOPE®

TROIDL SILVER SCOPE® Flexible Rectoscope

The SILVER SCOPE® Flexible Resectoscope acc. to TROIDL combines the fundamental advantages of flexible endoscopy with the application options of rectoscopy.

Special features:

  • Short working length of 40 cm ensures easy handling
  • Inversion up to 210° improves visualization compared to rigid rectoscopy and, consequently, diagnostic and therapeutic options thanks to forward and retrograde viewing
  • Suitable for the diagnostics of surgical conditions as well as for surgical procedures in the rectal area
  • Fatigue-free working thanks to ergonomically shaped control unit
  • Possibility to combine rigid and flexible endoscopy thanks to the modular IMAGE1 S™ camera platform

Please note: The SILVER SCOPE® Resectoscope acc. to TROIDL is incompatible with the TELE PACK+. Please use the TELE PACK X GI instead.

こちらも興味深い内容です:

CLICKline 使い捨てシザー

とにかく切れる!

新型の使い捨てシザーインサートは、KARL STORZ CLICKLINE シリーズのすべてのリユーザブル型グリップと組み合わせて使用できます。これによって、規則的な利用にもバックアップシステムとしても意義深いソリューションとなります。

特徴:

  • インサートは滅菌ブリスター個包装でボックスに10個入り
  • 定評のあるシザーブレードのデザイン
  • 経済的なソリューション:「使い捨てとリユーザブルとを併用」
  • 使い捨てコンポーネントをはっきり識別できるカラーコード表示

S-PILOT® – 排煙マネージメントのためのモジュール式ソリューション

腹腔鏡のパイオニアとしてカールストルツは常に最新技術の開発を続けています。その良い例の一つがモジュール式排煙システムS-PILOT®です。これにはインラインフィルタリングとアクティブ使用とパッシブ使用のためのオプションが付いています。SAGESおよびEAESの最新ガイドラインは以下を推奨しています:「腹腔鏡手術の場合、発生するCO2のエアロゾル含有分子のフィルタリングのための補助手段を使うことを早急に考えるべきである。」

カールストルツは自社製の排煙濾過装置の使用をSARS-CoV-2に特化しては検査していませんが、カールストルツフィルターと他の細菌およびウイルスに対するその効果についてのデータを有しています。

カールストルツ製フィルターの効率は、「ウイルス性フィルター効率(VFE)」と「細菌性フィルター効率(BFE)」として知られている微生物を使った一般的な検査方法で検査しました。この種の検査は臨床現場に最もよく即しているものと考えられています。3 +/- 0.3 µmの中程度分子サイズの検査用エアロゾルと0.027 µmのウイルス・バクテリオファージɸX174(VFEの場合)、または黄色ブドウ球菌(BFEの場合)を使用しました。検査結果はフィルター効率が 99.9999 %以上であることを証明しました。1.2

最も濾材を透過しやすい粒子径は通常0.1~0.3 µmの範囲です。この粒子はフィルターが最も捉えにくいものです。従って非微生物検査には0.3 µmのサイズの検査用エアロゾルDEHS(セバシン酸ジオクチル)を使用しました。99.9994 %以上のフィルター効率が得られました。3

お客様個人のご要望に沿ったものをご希望の場合、また、排煙濾過関連のポートフォリオの詳細に関しては、最寄りのカールストルツ代理店にお問い合わせください。
インラインフィルター付S-PILOT®は腹腔鏡外科の現場との共同作業によって開発されたカールストルツ製品の幅広いラインナップの一部です。全ポートフォリオは成人並びに小児の患者様の診断および処置のための腹腔鏡手術全範囲をカバーしています。

1 Nelson Laboratories Inc., Salt Lake City, USA: 『Virus Filtration Efficiency Test (VFE) at an Increased Challenge Level』 Lab.No.846021-S01, 07 Dec.2015 (internal reference: SAP ID 300000338072).

2 Nelson Laboratories Inc., Salt Lake City, USA: 『Bacterial Filtration Efficiency Test (BFE) at an Increased Challenge Level』 Lab.No.846022-S01, 02 Dec.2015 (internal reference: SAP ID 300000338073).

3 GVS Filter Technology UK, Lancashire LA3 3EN, UK: Activity Report REP: 0698/16, 21 January 2016 (internal reference: SAP ID 300000351254).

ARTip® base – Simply stable

The universal holding system

Ergonomics and efficiency are gaining increasing significance in the daily OR routine. As a result, assistance systems such as holding arms are becoming more and more important. With the new holding system ARTIP® BASE, KARL STORZ addresses these very needs. The ARTIP® BASE holding arm can be used with only one hand and thus facilitates the flexible positioning of KARL STORZ endoscopes, the VITOM® system and instruments for open, microsurgical and minimally invasive procedures. Thanks to its modular design, the ARTIP® BASE can be modified to meet the specific needs of various procedures. The holding system is battery-operated and can be easily installed and used on every standard OR table thanks to its slender design. ARTIP® BASE also offers the user ergonomic benefits as the holding arm provides great freedom of movement. 

  • Suitable for interdisciplinary use – thanks to the KSLOCK interface
  • Easy setup on all standard OR tables
  • Single-hand positioning possible

SCENARA®

The modular application platform to support your OR processes

SCENARA®はモジュール式の拡張可能なアプリプラットフォームで、手術室内やその周囲の様々な領域でプロセスを最適化するための豊富な機能を備えています。

  • SCENARA® Content Managementにより、患者様経路に沿って生成されたコンテンツの管理、処理、保存が簡単かつ直感的に行えます。
  • 手術室と病院内の各科間の調整、バーチャル研修や講習を、SCENARA® Collaboration Managementによるリアルタイムのオーディオ/ビデオ送信で快適に実現できます。
  • SCENARA® Pathway Managementではプロセスを自動化し、手術室やその周辺で起こっていることを最適に把握できます。SCENARA® .DASHBOARDは、全手術室の現在の占有率と状況を、またSCENARA® .DOORSIGNは室内状況および手術の進捗に関する情報をリアルタイムで包括的に提供します。
  • PC、タブレットやスマートフォンから画像、ビデオ、レポートにアクセスでき、いつどこにいても必要なデータを利用できるため、最大限の柔軟性が得られます。
  • 一般的な病院情報/アーカイブシステムとの互換性は、HL7やDICOMなどの標準化されたインターフェースによって保証されています; データ保護とデータセキュリティは最新のセキュリティガイドラインによって保証されています。

OR1 NEO®

  • Maximum flexibility for the best possible integration solution

  • Video management and documentation in up to 4K UHD resolution and 3D
  • Medical device control through seamless integration of KARL STORZ SCB modules
  • Optional control of general room functions
  • Integration of commercial video conferencing systems to meet even the highest demands regarding transmission quality
  • Control of all functions via the surgical monitors with touchscreen function, either directly from the sterile field or from the nurse workstation
  • Modular system facilitating customization based on individual needs